専業主婦 キャッシング

専業主婦の方にお勧めのカードローンはコチラ

 

専業主婦の方でもご自身の身分証明書だけでお金を借りる事ができます。その方法というのが、銀行カードローンを利用することです。銀行カードローンであれば、総量規制の対象にならないので、旦那や家族に内緒で、カードローンを作ることが出来ます。

 

当サイトでは、銀行カードローンの中でも最も人気の高い金融機関をピックアップして紹介しています。


 

新生銀行カードローン「レイク」
仕事をしていない専業主婦の方でも旦那に内緒でお金を借りれますが、数ある金融会社の中で私が一番オススメするのが「新生銀行カードローンのレイク」です。新生銀行は知名度のある銀行なので安心感もありますし、スタッフの対応も親切でどこよりも丁寧です。

 

申し込んだその日のうちにATMコーナーにあるテレビ窓口でお手続きを完了すると、その場でカードが発行されるので、すぐにお金が必要な方にもお勧めです。

詳細はコチラ

実質年率 金利 融資スピード
4.5〜18% 1-500万円 最短即日

 

 

みずほ銀行カードローン
みずほ銀行の口座をお持ちの方は、審査スピードが若干早まりますのでお勧めです!インターネットのみずほダイレクトから申込みが出来るので、24時間いつでも申し込むことが可能です。一番のメリットが、万が一、引き落としの時に口座にお金が入っていない場合でも、自動的にローン口座からお金が移動されるので、引き落とし不能になることがなくなります。カードも、ローンカード専用カードか、キャッシュカードにローン機能を付けるか、2つからお選びいただけます。既にみずほ銀行の口座を持っている人は便利でお得ですよ。

詳細はコチラ

実質年率 金利 融資スピード
4.0-14.0% 1000万円
主婦は30万円まで
最短即日

 

イオン銀行カードローン
イオン銀行は実際の店舗を持たないネットバンクなので、人件費などがかからない分、金利が低く設定されています。主婦への融資額も他に比べると大きいので、多少多めにお金が必要な方はイオン銀行がお勧めです。ただし、カードが手元に届くまで他の金融機関よりも時間がかかるため、すぐにお金が必要な方にはお勧めできませんが、1枚作っておくとイオングループのポイントなど使えるため大変オトクで便利です。余裕を持って1枚作っておくことをおすすめします。

詳細はコチラ

実質年率 金利 融資スピード
3.8-13.8% 30-800万円
主婦は50万円まで
約2週間

仕事をしている主婦にお勧め

 

パートやアルバイトなど、毎月決まった収入がある主婦の方にお勧めのキャッシングを紹介します。

 

上記で紹介した銀行カードローンももちろん利用出来ますが、消費者金融系のカードローンもメリットが多いので、利用条件やサービスなどから自分に合ったキャッシングをお選びください。


プロミス
プロミス プロミスは女性専用の電話窓口があるため、キャッシングに不安な女性の方にとって大変心強いサービスです。しかも、初めてプロミスをご利用の方でポイントサービスに登録すると30日の無利息期間が利用出来ます。期間内であれば何度でも無利息で利用出来るので、少額のキャッシングを希望する方にはとてもお得なサービスですね。

詳細はコチラ

実質年率 金利 融資スピード
4.5-17.8% 1-500万円 最短即日

 

アコム
すぐにお金が必要な方にはアコムがお勧めです。キャッシングの老舗のため、運用実績もあり、その分オペレーターの対応もとても丁寧で親切です。初めてのキャッシングに不安な女性の方でも、全く問題なくお金を借りる事ができます。しかも、アコムは審査スピードがとても早く、本審査も最短30分という早さです。自動契約機のむじんくんでお手続きを完了すると、その場でカードが発行されるので急いでいる人には安心ですね。土日も行っています。

詳細はコチラ

実質年率 金利 融資スピード
4.7-18.0% 10-500万円 最短即日

専業主婦のキャッシング事情

専業主婦がキャッシングをしたいと思う場合は、2つの方法があります。
1つは、専業主婦にも貸し付けをする銀行のカードローンを利用することです。
専業主婦にも貸し付けをする銀行は、大手銀行にも地方銀行にも幾つかあります。例えば、三菱東京UFJ銀行、楽天銀行、イオン銀行などは、専業主婦にも融資を行っています。
ただし、配偶者に安定した収入があることが条件で、また借入限度額は10万円から50万円程度と低く設定されています。銀行のカードローンを利用する場合は、配偶者の年収を証明するような書類を提出する必要はありませんが、銀行によっては、配偶者の勤務先に在籍確認をする場合もあります。また、本人確認のため自宅に電話がかかってきますが、こうした電話は、銀行名を名乗らず個人名でかけてくるので、家族が電話を取ったとしても、家族にローンのことが知られることはありません。
ただ、やはりお金のことはトラブルになりがちなので最初から配偶者に話して同意を得たうえで申し込むのがベストです。

 

専業主婦がお金を借りられるもう1つの方法は、貸金業者のフリーローンを利用することです。
ただし、ほとんどの貸金業者は専業主婦には貸し付けをしないので、女性に特化したレディースローンを利用することになります。

 

専業主婦に貸し付けをしない貸金業者が多いのは、貸金業法の総量規制と関係があります。総量規制というのは原則年収の3分の1までしか借入ができないという制限で、消費者が多重債務に苦しまないようにという目的で設けられた規制です。この総量規制には例外があって、その一つが配偶者貸し付けというものなのですが、これは、自分と配偶者の年収を合わせた3分の1までなら借りられるという処置です。つまり、奥さんが収入0でも配偶者に安定した収入があれば、配偶者の年収の3分の1までなら借りることができるわけです。ただし、この例外を利用するに当たっては、配偶者の同意書が必要で、また婚姻関係を証明する書類も提出しなければなりません。貸金業者としては、このような書類の確認などの余分な作業を増やしたくないため、専業主婦に融資するところはほとんどありませんまた、もし、配偶者貸し付けを利用して融資を受けられても借入限度額は、50万円から100万円程度です。

 

このような事情で、専業主婦がキャッシングするのは、簡単ではありません。それで、こうした書類の提出をしなくても金を貸してくれる業者を探して、結局は闇金の罠にはまってしまう専業主婦もいます。闇金は、最初は親身になって話を聞いて安心させますが、結局は、不法な金利でお金を貸して、一旦闇金にかかわると、延々と高い利息だけを払わされることになります。利息は10日で1割、10日で3割、10日で5割など利息制限法をはるかに上回る金利で貸し付けをします。万が一、闇金からお金を借りてしまっても不法な利息を支払う必要はないので、すぐに警察か弁護士に相談しましょう。専業主婦とキャッシングについてもっと詳しく知りたい方はこちらを参照にしてみてください。