専業主婦 キャッシング

専業主婦のキャッシング事情

専業主婦がキャッシングをしたいと思う場合は、2つの方法があります。
1つは、専業主婦にも貸し付けをする銀行のカードローンを利用することです。
専業主婦にも貸し付けをする銀行は、大手銀行にも地方銀行にも幾つかあります。例えば、三菱東京UFJ銀行、楽天銀行、イオン銀行などは、専業主婦にも融資を行っています。
ただし、配偶者に安定した収入があることが条件で、また借入限度額は10万円から50万円程度と低く設定されています。銀行のカードローンを利用する場合は、配偶者の年収を証明するような書類を提出する必要はありませんが、銀行によっては、配偶者の勤務先に在籍確認をする場合もあります。また、本人確認のため自宅に電話がかかってきますが、こうした電話は、銀行名を名乗らず個人名でかけてくるので、家族が電話を取ったとしても、家族にローンのことが知られることはありません。
ただ、やはりお金のことはトラブルになりがちなので最初から配偶者に話して同意を得たうえで申し込むのがベストです。

 

専業主婦がお金を借りられるもう1つの方法は、貸金業者のフリーローンを利用することです。
ただし、ほとんどの貸金業者は専業主婦には貸し付けをしないので、女性に特化したレディースローンを利用することになります。

 

専業主婦に貸し付けをしない貸金業者が多いのは、貸金業法の総量規制と関係があります。総量規制というのは原則年収の3分の1までしか借入ができないという制限で、消費者が多重債務に苦しまないようにという目的で設けられた規制です。この総量規制には例外があって、その一つが配偶者貸し付けというものなのですが、これは、自分と配偶者の年収を合わせた3分の1までなら借りられるという処置です。つまり、奥さんが収入0でも配偶者に安定した収入があれば、配偶者の年収の3分の1までなら借りることができるわけです。ただし、この例外を利用するに当たっては、配偶者の同意書が必要で、また婚姻関係を証明する書類も提出しなければなりません。貸金業者としては、このような書類の確認などの余分な作業を増やしたくないため、専業主婦に融資するところはほとんどありませんまた、もし、配偶者貸し付けを利用して融資を受けられても借入限度額は、50万円から100万円程度です。

 

このような事情で、専業主婦がキャッシングするのは、簡単ではありません。それで、こうした書類の提出をしなくても金を貸してくれる業者を探して、結局は闇金の罠にはまってしまう専業主婦もいます。闇金は、最初は親身になって話を聞いて安心させますが、結局は、不法な金利でお金を貸して、一旦闇金にかかわると、延々と高い利息だけを払わされることになります。利息は10日で1割、10日で3割、10日で5割など利息制限法をはるかに上回る金利で貸し付けをします。万が一、闇金からお金を借りてしまっても不法な利息を支払う必要はないので、すぐに警察か弁護士に相談しましょう。専業主婦とキャッシングについてもっと詳しく知りたい方はこちらを参照にしてみてください。